免許を取りたい!を応援自動車教習所で普通自動車免許を取ろう

MT車とAT車限定解除ってなに?

MT車とAT車あなたはどちらを選ぶ?

社用車はマニュアル車で運転することが多いのでMT車(マニュアル車)で免許を取ったほうがよい、という話は今も通用するのでしょうか。
二十年ほど前の話ですが就職活動時に、車の運転ができるほうが有利になる職があるとのことで、MT車で運転免許を取ることを勧められました。
MTで普通自動車免許を取得すると、AT車(オートマ車)も運転できます。
ギアチェンジに慣れるために、MT車の技能教習がやや多めの時間設定になっています。
教習内容をみると第二段階まであり、第一段階で技能の修了検定を受けて学科試験合格で仮免許へと進みます。
第二段階でもMT車の技能教習の時間は多めに設定されていて、ギアチェンジに自信のない人や少しでも費用を抑えたい、MT車の運転はできなくてもかまわない人はAT車限定免許を選択しています。

AT車で取ったけどMT車に乗るには?

車の運転をする楽しさの一つに、ギアチェンジがあります。
車が好きになると走りを堪能する手段としてMT車に乗る人がいるのです。
さて、自動車教習所でAT車限定で普通自動車免許を取得していたら、当然ですがMT車の運転はできません。
車を楽しむだけではなく、仕事上どうしてもMT車を運転しなければならない人に、AT車限定解除というコースが設けられています。
短時間でギアチェンジに慣れるのですが、一度オートマ車で運転に慣れてからのMT車の運転は、ハンドル操作にギアチェンジの手足の操作が加わるので思った以上に難しいようです。
自動車教習所や運転免許試験場でAT解除のための教習を4時間以上受け、技能審査に合格することが条件になっています。
費用は教習所で約6万円程度、試験場で約3千円ほどですが、不合格であれば合格するまで補習を受けて再試験になります。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ